オトナ女性がバレエに挫折する3つの理由!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

オトナになってから始めたバレエのレッスン。
「数ヶ月トライしてみたんだけれど、挫折しました・・・。」

バレエ自体は好きなのに、やってみたけど無理だった。
その理由はバレエ特有のレッスン内容にありました。
よくある理由を3つご紹介します。

 

1、バレエの非日常感についていけない!

レッスンの時に着る、体の線が見えるレオタード。
普段聞かないクラシックの音楽。
頭の先からつま先まで全身鏡に写った自分。

レッスンだけでも、全てが非日常です。

 

また、踊りのレッスンに入り、
「指先硬くしないで!指先から雫が落ちるように。」
「頭の先からスーーッと糸が出て引っ張られているイメージで。」
など、より頭の中でイメージを膨らませるような
言葉が何度も出てきます。

「そんなことあるわけないよ」
と現実に戻ってしまう方も中にはいらっしゃいます。

バレエの非日常感を楽しいと思えなければ、バレエのレッスンの空間さえも
辛いものになってしまうかもしれません。

 

2、覚えることが多すぎて大変!

・バレエ特有のアーティスティックな体の動かし方
・振り付けをその場で覚えること
・音楽を聴いて合わせること
・先生の指示通り、体をコントロールして動かすこと

レッスンではこれを全て同時に行っています。
こんなに覚えることがあるの!?というほど、
実はやることが沢山あります。

体と同時に頭の中もフル回転。
1つを注意したら、もう1つは意識の外へ。
覚えては、忘れ、覚えては忘れ。
この繰り返しはまるで脳トレです。

覚えることが多すぎてそれだけで大変、達成感、上達したと感じられない
など、そんな風に思う方もいらっしゃいます。

 

3、頭ではわかっているのに体が思うように動かせない!

「つま先だけで外股にしないで、股関節から回すように外股にして。」

先生に言われたことをイメージして体を動かそうとしても、
なかなか体が動かない!!あれ?頭ではわかっているのに!!!
思ったように体が動かない!!!動かせない!!!

そんな風に体と頭で板挟みされることがよくあります。

意識したことの無い動かし方だから感覚が無かったり、
筋力が無い場合、1回でスムーズに動かすことはできません。
繰り返し、根気強く行うことで、その動きがスムーズにできるようになります。

バレエはアーティスティックな動きが沢山あります。
長年やっている方でも、「あれ?まだこんな動かし方あったんだ」
「この動き、全然使ったことの無い筋肉を動かしてるな」と言った
新たな体の気づきがあるほど、奥深いのです。

 

まとめ

バレエのレッスンに挫折する理由はバレエ特有のレッスン内容にありました。

この3つはバレエレッスンの特徴とともに、難しさと面白さを同時に表すものです。

この3つにあなたどれか当てはまりましたか?

他にも「バレエが好きなんだけど、挫折してしまった」理由があったら

LINE@で教えてください!

以上、オトナ女性がバレエに挫折する3つの理由!でした。

⭐LINE@の登録はこちらから⭐
友だち追加

 

 

 

【お問い合わせはこちら】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です