大人バレエは柔軟性より筋力だ!!!

こんにちは!

ホームページにお越しいただきありがとうございます。

恵比寿駅徒歩4分 女性専門 トレーニング&ストレッチサロンitomii
パーソナルトレーナーの伊藤みなみです。

「バレエは体が柔らかくなくちゃできないんでしょ。」

そんな風に思われがちですが、実は違います!!!
大人のバレエに必要なのは、柔軟性より筋力です!
開脚するより、前屈するより、まずは筋トレです!

 

その理由は柔軟性より筋力を重視した方が、
怪我なく、バレエをはやく踊れるようになるからです。

バレエの良い姿勢をキープする、
手を上げる、足を上げる、バランスする、回転する、

「バレエを踊る」のに必要なのは圧倒的に筋力なんです!

 

1、バレエの基本姿勢をキープする体幹の筋力が何より大切!

バレエの基本姿勢。
静止しようと思っても、最初はゆらゆらと動いてしまいます。
そんな時に重要なのが体の幹の部分「体幹」の筋力です。

具体的に言うと、お腹をへこませたまま、力が入っている状態です。

この基本姿勢を元にバーレッスン、そして踊りのレッスンへと動きが複雑になっていきます。

体幹がふにゃふにゃ、ゆらゆらでは四肢を自由自在に動かすことはできません。

動きが複雑になればなるほど、体幹の筋力が重要なのです!

 

体幹の筋力が強ければ強いほど、様々な動きのコントロールがしやすく、バレエが上達できます。

しかし、バレエの準備運動、というと開脚や前屈と言ったハードなストレッチばかり。
ストレッチで体が柔らかくなったところで、
体幹の筋力がなければバレエのレベルアップは望めないのです。

 

2、高く足をあげたいと思えば思うほど、必要なのは筋力!

「Y字バランスができるようになったら、Y字バランスで手を放せるように」

床で開脚をして足がどんなに開けるようになっても、
Y字バランスで足が上げられるようになっても、

その位置でキープできる筋力がなければ、踊りには生かせません。

それはバレエが静止しながら行うものではなく、動きながら行うものだからです。

「体がとても柔らかくても、踊りになると急に動きが小さくなる」
そんな人は柔軟性に対して、筋力が不足しています。

オトナバレエでは足を高く上げる柔軟性を高めるより、足をキープする筋力を作るのが先です。
キープする筋力がついてから、徐々に柔軟性を高め、足の高さを上げていく。
自分の体をコントロールする筋力があることが、バレエを踊る近道だと思います。

 

3、回転・バランスなど、バレエの技を成功させるのは筋力!

つま先立ちのような姿勢でバランスを取ったり、
回転をしたりするバレエの技。

これが出来るようになると、一気に踊りの幅が広がります!

このバランス&回転は
体幹を中心とした体の様々な部位「お腹・内もも・脇の下・お尻」に
同時に力を入れて静止できるかどうかが技を成功させる鍵の1つです。

バランス&回転が「一か八か」「今日は調子が良いからできる」など
成功率が低い場合、それは筋力不足だと思います。

 

まとめ

バレエを踊るには日常生活以上の筋力が必要です。
頭の中で思ったように体を動かそうと思っても、筋力がなければ驚くほど体は動きません。

柔軟性も怪我をしない程度には必要ですが、
柔軟性がアップすればするほど、それに見合った筋力が必要です。

筋トレをせずにストレッチばかりをした結果、
かえって股関節や膝、腰部を痛めるなど、怪我に繋がる。

柔軟性に見合う筋トレをしなかった結果、
なかなか技が出来るようにならない、思ったように体が動かせないなど
バレエがなかなか上達しないのです。

 

オトナバレエでは柔軟ばかりに時間を割くよりも、
筋トレを優先し、

・ぶれない体幹
・自分の体をコントロールできる筋力

を作った方が、怪我をせず、バレエの上達がはやいのです!

以上、オトナバレエは柔軟性より筋力だ!!!でした。

 

【お問い合わせはこちら】

⭐ご質問はLINE@からも受け付けております!LINE@は下記ボタンをクリックいただき、友達登録よろしくお願いいたします。
友だち追加

 

 

 

コンディショニングをしてからバレエをする利点!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です